北尾根右ルート6~8ピッチ

2021年9月27日

既存の5ピッチルートの続きです。

5ピッチを登り切って懸垂下降します。

Dsc_0088

降りたら左の壁を斜め右方向へ30m登ります。

支点は全て立木に取って行きます。

Dsc_0087_20210927150201

松の木でピッチを切ります。

Dsc_0086

7ピッチ目はトラーバスぎみに11m登って、岩にスリングをかけてビレイします。

Dsc_0083_20210927151201

Dsc_0085_20210927151401

ここから下を見る。

Dsc_0084_20210927151401

北尾根に合流して8ピッチ取り付きまで行く。

Dsc_0080

ここはステンケミカル2本のボルトあり。

Dsc_0079

ここを登り切ったら第4ゲレンデに懸垂すして終了とするか、北尾根の残りの2ピッチを登ってトータル10ピッチで抜けるかお好きにどうぞ?



| | コメント (0)

創造の森、南陵最上部の岩場

2021年9月18日

この岩場に通うようになって15年くらいたつだろうか?

関市に引っ越してきて今月で19年になる。自治会に入り、地元の人で何故か私のことを知っていたY元教員が、岩登りをやるんだったら近場で伊深にあるよって教えてくれた。

ちょうどその時わがクラブで岩登りの練習場所を探していたころだったので見に行きました。

踏み跡を辿って岩場まで行ってみると、最近はあまり登られていないのか草まるけでひどい状態だった。

易しいところを見つけてみんなでワイワイガヤガヤやりながら基本練習をしていたのを思い出す。

他のルートで登った形跡のある所は、ハーケンやボルト類はさびて腐ってとてもそれを使って登る気にはなれなかった。

この最上部の岩場も、先人が幾本かのボルト、ハーケンが打たれているがとても使用に耐えれるものではない。

昨年亡くなったわが会のO氏が鉄工所に努めていたのでハンガーや終了点を作ってくれた。

この岩場は戦前から登られていたのだろうか・・・?それとも戦後から・・・?

地元の爺さんが昔はいっぱいザイルを垂らして登っている人達がいたと言っていた。昔はセッコクという植物がいっぱいあったそうだが心無い人たちによつて無くなってしまったと嘆いていた。オイラもセッコク泥棒と間違えられて嫌な思いをした。

地元元教員Y氏から頂いた伊藤大三郎という人の写真集には伊深の岩場の写真として載っていた。

昔の人は肩がらみで懸垂下降している写真を見て怖いと思った。

僕が初めてここを訪れたときはログハウスの近くの立てかけられた案内板には創造の森と書かれていたので、僕らのクラブはここの岩場を創造の森の岩場と言っていたが、最近は、美濃加茂の岩場とスマホのグーグルマップに載っている。ある人は高木山ともいう。いろいろな呼び名があるが昔は伊深の岩場として呼ばれていたんだろうとY元教員の話や写真集をみて思った。

最上部の岩は正面フェースにボルト、ハーケンが錆びたまま残置されている。

落としてもいいが、先人が打った証を残しておきたい。そのままにして、この右側に易しいクラックがあるのでフレンズなどを利用して登ることもできるが、その左の短いフェースにケミカル2本を打って登れるようにした。

そこから岩尾根の最上部まで登って南稜7ピッチのマルチで繋げることが出来る。

南稜最上部の岩

Dsc_0682

奥まで打ち込まれてなくて曲がったリングボルト

Dsc_0679_1

こんなハーケンがこの岩には数本打たれている。

Dsc_0677

ここの短いフェースに2本打った。右のジェードル上のところはクラックがはしっているのでフレンズが使える。

Dsc_0681

| | コメント (0)

ハリア自転車で林道

2021年9月日曜日

膝を痛めてランニングをやめてから6〜7年になります。

トレーニング代わりに買ったマウンテンバイクもありますが、先月新たにpanasonicのハリア自転車を購入しました。

Dsc_0067

昔はオフロードバイクで林道を良く走ったものだが、今はゲートがありほとんどの林道はバイクで走れない。

自転車で自己責任で12〜3km程走って来ました。

轍のあるところや荒れたオフロードはバランスを崩してこけそうに何回もなった。

9月に入っての朝のうちは、標高が1000メートル以上あるところは涼しいというよりちょっと寒いが、さわやかで気持ちがいい。

Dsc_0074

付属のステムは前傾姿勢になるので長い時間走ると疲れる。

可変用のステムをAmazonで購入して切り替えました。

Dsc_0075

Dsc_0076

雨降り後の水たまりで泥が跳ね上がるので前後バイザーをつけました。

Dsc_0073

サイクルコンピューターは配線不要のGPSにしました。

取り付けキットは別売でした。

こいつでしばらく遊ぶのだ。


| | コメント (0)

フォルツアsiヘッドライト切れた。

2021年7月26日

先週ツーリング途中、トンネル入ったら暗いので、下のランプが切れたと気づきhiで走って家まで帰りました。

走行距離は5万km超えた。

新車から2回目の交換です。

1回目のときは、取り付けてある構造がわからなくてカバーを外しして大変だったけど、要領をつかめば何も外さなくても手探りで簡単にできます。

Dsc_0025

手を入れて感覚で外します。

Dsc_0023

外すのは片方1分とかかりません。

Dsc_0021_20210726153002

新しい電球に交換です。

はめる時は慎重に2分位かかった。

Dsc_00214

電源スイッチを入れて確認

Dsc_0024_20210726153301

つきました。

これで2年半位は大丈夫か?


| | コメント (0)

寺田小屋山

2021年7月24日

コースタイム

出発 7:50 → 下呂俣谷入渓 7:57 → 一位谷出会い 8:09 → 右の2本目の支流 9:29 → 林道 9:40 → 二股 10:20

(10分休憩) → 二股 10:39 → 尾根 11;28 → 山頂 11:40~12:00 → 二股 12:58(休憩)12:10 → 林道 13:20 → 車P 13:40着

A

20代前半のころ乗政からハイキング道で登ったことはあるがそれ以来一度もない。

今度は反対側から沢を利用して登ってみたいと思った。

一位谷はまだ遡行したことがない。2万5千分の一の地図を見ると、両岸が岩のマークがあるがどんな沢なんだろうと興味がわいた。

ネットで検索してもヒットしないので、誰もそんなもの好きはいないのだろうか?

計画をしたらM君(沢登初めて)が参加してくれたので2人だけで遡行することになった。

車を林道わきに止めて下呂俣谷に沿って林道を下り適当なところで沢に入る。

一位谷出会いに着き直ぐ上に堰堤があるが右岸を巻いて谷に降りる。

Dscf1089_20210725165201

沢水に足を入れると標高1000mだけありひんやりと冷たい。

Dscf1092

なかなかいい渓相が続く

Dscf1100

ゴルジュ上になって上部は手掛かりのなさそうな滝が現れるが左岸を巻く。泳いで遊べそうだ。

Dscf1102

しばらく進むと奥に滝がある。ここも左岸を巻く

Dscf1105

巻いて滝の上から下を見る。

Dscf1106

堰堤が現れた。ここから少し進んで右側から流れる支流に入る。

Dscf1107

2つ目の支流だが、一つ目の支流を見逃した。めちゃ水量が少ない。

Dscf1109

小滝を登るフリクションがよく効き快適です。

Dscf1110

水量がなくなってきて源流に近づく。こんなに水量が少ないのに岩名が走る。ここは禁漁区なので釣りはできない。沢登だけ楽しむ。

Dscf1111

ついに藪突入、背丈以上ある藪を漕いで尾根へ

Dscf1112

やっと尾根道にたどり着いた。降り口に赤布をつけて山頂に向かう。

Dscf1113

11時40分山頂着、昼飯を食べてたら、ぽつりぽつりと雨が降り出した。

やはり天気予報は当たります。昼から下り坂です。

Photo_20210725193901

13時40分車のところに着きました。

梅雨後の暑さの中、やっぱり沢は涼しい。気持ちいい。最高!

 

 

| | コメント (0)

岩場支点

2021年6月26日

暫く登ってないルートに行った。

上部支点用に木の根元(私の腰回り程の太さ)にスリングでとってもあった木だが、10年以上前は頑丈でびくとも動かなかったが、枯れて来て手で触っただけで動く。

Dsc_0698

5kg程の力を加えただけで根っ子から千切れ落ちた。

Dsc_0697

ヤバイと思い数年前アンカーと繋いでバックアップをとってあった。

Dsc_0707

そのアンカーをステンのハンガーを取って確認したらヤバイことになっていた。

Dsc_0709

ハンガーを支えるボルトの部分が腐食して半分になっている。

もう一つ下のアンカーも似たようなものだったので使えないがその横のアンカーは大丈夫だったのでそれに支点を取り、上部の横からの松木2本からスリングで支点をとった。

計3本で支点をとって懸垂下降した。

ルート上のアンカーがこのような状態なら墜落して支点に強い衝撃がかかったらヤバイので、このルートだけ確認したが大丈夫だった。

他のルートもこのような状態なら確認してステンのケミカルに替えて行かないとヤバイことになる。

全てステン・ケミカルアンカーにしたら費用は何十万と掛かりそう?中型のオートバイが買えるかな?

工業用アンカーでメッキしてあっても雨で腐食が進む耐久性は15年位か?雨が当たらない所で30年?

この岩場で先人が打ったハーケンやボルト類は安心して使えない。

人の打った物は信用してはいけませんよ。自己責任でクライミングして下さいね。








| | コメント (6)

北尾根右ルート

2021年5月21日

北尾根ルートは5パーティ取り付くと順番待ちで、先頭と後続との時間差がかなりつく。混雑解消に下の部分5ピッチだけ右ルートを昨年から時間のある時に掃除してきた。

初心者向けに易しいルートを選んで登っていく3級ほどの5ピッチのマルチだ。

(9月下旬に3ピッチ伸ばして8ピッチとなった。ここから北尾根に合流して登ればトータル10ピッチとなる。)

ここから北尾根に合流できるけど、懸垂して「お掃除おばちゃん」上部に取り付けば6ピッチとなる。そこを登る技量がなければ左から巻ける。

大雑把に掃除が終わり、支点は立ち木とかを利用し、ピッチ間の長さをザイルで測ってみた。

北尾根をフリーで登り右ルートを下降。

5ピッチ終了点

 Dscf1041

5ピッチ下降

Dscf1044

4ピッチの終了点46mのザイルいっぱいです。

Dscf1045

5ピッチの長さは23m

4ピッチの終了点、ケミカルアンカーとリングボルトにザイルスリングと残置カラビナがあります。

Dscf1046

下降します。

Dscf1047

ザイル1メートルほど足りませんので4ピッチは24m程あります。

Dscf1048

3ピッチの支点は2本の立ち木です。

Dscf1050

2本の立ち木に2本のザイルスリング(10.5㎜)をブロハスカ方式で流動分散にして、下降時のザイル回収の流れをよくするためにテープスリングをつけて残置カラビナをつけてあります。

Dscf1052

3ピッチの長さはザイルが3m程余ったので約20mあります

2ピッチ目の終了点です。リングボルト2本に残置カラビナ

Dscf1051

2ピッチ目を下降

Dscf1054

2ピッチは約18m

支点は10㎜オールアンカーとリングボルト、スチールの安全環カラビナが残置

Dscf1053

1ピッチ取り付きです。21mくらいかな?

Dscf1055

大体ピッチ間の長さがわかりました。

5月23日

北尾根5ピッチの初登りです。

1ピッチ目 21mでルート間の支点はリングボルト2本です。

ソロクライミングのためにザイルを立ち木で固定します。

Dscf1064

ザイルの流れをよくするためにザイルをさばきます。

Dscf1057

グリグリをセットします。

Dscf1060

10m以内だったら自然に流れるので必要ないけど20m前後のルートなのでマイクロトラクションをグリグリの下にセットします。

Dscf1058

今日は皮革製の重登山靴で登ります。

Dscf1061

今日は掌をけがしてるのでこの手袋をはめて登ります。

Dscf1069

2ピッチ終了点に着いたので、マストにして懸垂です。

 Dscf1066

スマートアルパインで下降、使いやすいです。

Dscf1063

降りたら立ち木に縛ったザイルを解いて、ユマールで登ります。

Dscf1065

2ピッチを登ったあたりから下から声がする。

(2ピッチは18mでケミカルアンカー1本とリングボルト2本あります。)

早く登らないと追いつかれると焦る。

3ピッチ目で追いつかれた。

(3ピッチは20mでリングボルト3本)

4ピッチを登って下降するがザイルが足らない。反対側のザイルに切り替えて下降する

慌てていると逆ザイルで下降してしまった。

(4ピッチは24mケミカルアンカー2本とリングボルト1本)

5ピッチを登り切ったので4ピッチ終了点までヌンチャクを回収しながら下降すると後続が登ってきた。

何とかギリギリセーフです。

(5ピッチ23mケミカルアンカー1本とリングボルト1本)

僕はここから第一ゲレンデに懸垂下降して終了となった。

 

| | コメント (0)

フォルツアSiにナビ着けた。

2021年5月8日

Ninjaの時~付けていたユピテルのナビが故障した。

数ヶ月スマホのナビを利用していたが、取り付けたり外したりするのが面倒でAmazanで7インチサイズのポータブルナビを購入した。

ちょっと加工しないと取り付けで来ないので前の部分を削りました。

Dsc_0650

取り付けてみました。

Dsc_0651

何とか納まりました。

Dsc_0653

これでツーリング準備OKです。

ちょっと試しに買い物で使用しました。

GPSの制度と反応が遅いと感じた。

一般道からずれて現在位置を表示したり戻ったりと安定しない。丁字路や信号で曲がってから現在位置と遅いときがたまにある。こんなことで知らない未知の案内は大丈夫なのだろうか?

電源を入れればすぐ使えると思ったが、現在時間表示が数時間ずれている。説明書には何も書かれていない。仕方なく設定を見ると時間を合わせるところがあるが、時間を合わせても元に戻ってしまう。う~ん?よく見てみると東京、大阪の設定にして時間を合わせなくてはいけないと思った。それでも元に戻ってしまう。う~ん?確定ボタンがどれかわからなかったからだ。参った。設定に関して説明書は無く不親切だ。安いから我慢しなければいけないか。

| | コメント (0)

小白山歩き

2021年3月27日(土曜日)

T・Nさんからの誘いで小白山に行く約束をした。

前回天気が悪くて杉山を過ぎたあたりで引き返してきたが、今回は天気が良く穏やかだ。

6時出発、アイゼンをつける。

Dscf1013

先月より少なくなった残雪でところどころ地肌が出ている。

Dscf1014

先頭がルート判断を誤り急斜面を登ることになって、怖いからと1名脱落で引き返す。

Dscf1015

緩やかな斜面になって上を目指すがK・T氏が遅れ気味で心配。

Dscf1016

K氏のアイゼンが外れて調子が悪いので、スノーシューで登ぼろうとバンドをつけようとしたが、永年劣化でことごとく千切れて取り付けることが出来ない無用の長物となる。

杉山まで登ると視界が広がり残雪の山々が見渡せる。

Dscf1017

野伏岳方面

Dscf1018

だいぶ標高が上がってきました。T・K氏足が攣ったのでここから一人下山するという。

Dscf1019

一部笹が出ていて、クレパスが出来ている所も見受けられる。

Dscf1020

ここから下の沢をのぞいたら雪崩のデブリが見えた。スキーではこの沢は避けたほうがよさそう。

Dscf1021

山頂は間近

Dscf1022

山頂は風が強く寒いので写真を撮って直ぐ下山する。

Dscf1024

早々と下山開始

Dscf1026

途中早めの昼食をとり、Nさんお手製のケーキでT・Nさんの30山登山を祝う。

Dscf1028

杉山まで下ると、山頂手前で引き返したK氏がいた。

ここでK氏が入って写真を撮る。

Dscf1029

靴底がそっくり剥がれたK氏は、テープで止めてもうまくいかず、最後の30分は剥がれた靴床をもって、足が冷たいと言いながらなんとか下山できました。K氏にとっては散々な山行であった。

駐車場に着いたら途中敗退したI氏がいた。フキノトウを取ったりして時間をつぶしていた。

Photo_20210328164801

6:00 出発

8:10 杉山

10:30 山頂

12:40 杉山

14:10 駐車場

登り 4時間30分 下り 3時間40分 休憩含む 

下山後T・K氏の30山最後の山の登頂パーティです。クラッカーまで鳴らして・・・いろいろとご馳走を頂きました。

Dsc_0616

いい運動になりました。食料は皆さんから頂いて、自分の行動食は少し食べただけ、満足な一日でした。こんな山行もたまにはいいな。

| | コメント (0)

鬼が落とした大石

2021年3月9日

この前岐阜新聞に載ってたけど、昼から時間ができたのでバイクでのぞいてみた。

このバス亭のところの細い道を入っていく。

Dscf0996

入り口に立っていました。

Dscf0997

旗までたっているので道路を走っていればすぐわかる。

Dscf0998

遠くに2つの石が見える。

Dscf0999

女性自身という週刊誌に掲載されていたようです。

Dscf1001

英語でも書いてあるね。

Dscf1002

 

Dscf1003

頂いてきました。

Dscf1004

昔話の伝説の地だそうだ・・・

Dscf1005

桜が咲くと石も引き立つかも?前にある竹の柵が邪魔くさい。

Dscf1006

| | コメント (0)

«小白山スキー