陽だまりエリア5本目のクラックルート(先人の脚痕?

2022年8月16日

Dsc_0394

このクラックルートをナチプロを使って登ります。

Dsc_0428_20220816215201

3番のフレンズ

Dsc_0427

7番のヘキセントリック

Dsc_0426

1番のフレンズ

Dsc_0425

5番のストッパー

Dsc_0424

2番のヘキセントリック

Dsc_0423

7番のフレンズ

Dsc_0422

12番のストッパー

Dsc_0421

8番のヘキセントリック

Dsc_0419

4番のフレンズ

Dsc_0418

最後は8番のフレンズで登りました。

恐いから短い間隔で10個使った。

Dsc_0417

好きなところにカムを入れれる。

Dsc_0420

割りと易しいので楽しい。

中間くらいからハンドジャムが効きます。

夏場で暑いので朝の気温の上昇しない時問帯に1~2時間の運動は気持いい。

今日は10時30分に切り上げた。

蒸し暑くて2時間ほど休憩入れて登ったが汗びっしよりでした。

家に帰ってシャワーを浴びて昼飯前のビールが旨かった。

Dsc_04322


| | コメント (0)

陽だまりエリア4本目(モルゲンロート)

2022年7月31日

Dsc_03942

このルートの最終確認に1時間程行ってきました。

ルート上の終了点からだと30m程ある。

リードで登るのなら下部はフレンズかストッパーを噛ませれば気分的に安心である。

トップローブでやるには少し下の木の根本に数本ロープで垂らしてある所からなら25mくらいか?

さて来月はその横のクラックルートを掃除するかな...

| | コメント (0)

庭の柿の木

2022年7月27日

昨夜の凄い落雷と強烈な風雨は庭に植えてある大峰屋柿の根本近くの所から折れた。

沢山実が生っていたから残念でならない。

Dsc_0407

| | コメント (0)

日溜りエリア右から3本目のルート(落陽)

2022年6月12日

高さ約17m、支点5本、フレンズ等使用すればランナウトなく登れる。

Dsc_03556

ボルトに沿って登る。左に逃ると易しくなる。

Dsc_0357

1ピン目と2ピン目が長いのでここのクラックに1番のフレンズか2番のワイヤーヘキセントリック、8番のナッツ等で取ると少し安心。クラックの上の岩は表面2〜3cm程剥れたのでボルトは設置しなかった。

Dsc_0358

この岩の上部に先人が打ったハーケンがある。

下の岩は浮いていてグラグラして危険なので手で引っ張ったら、いとも簡単に落ちた。100kg以上はありそうだった。

ハーケンの所を登れば5.6くらいかな〜?でも今回のルートはそこから1m50cm程右を登る。グレード少し上がる。10.a?5.9?ワカラン?

Dsc_0356

新いルートで浮き石が潜んでいるしランナウトしないよう途中フレンズを使える所が数ヶ所あるので、使用して登ってほしい。





| | コメント (0)

南壁ダーリンミシン

22022年5月28日

岩の剥離とボルト抜けているとダイさんから連絡を頂き早速翌日確認して剥れた回りの動く岩は取り除いた。ハンマードリルのバッテリーの確認を怠った為その日は設置出来ず今日になりました。

Dsc_0343

この下のボルトが抜けてハンガーも無くなっている。

Dsc_0344_20220528123001

ハンマーで叩くとボロボロと岩が砕けるので、打ってあった所より3~40cm下のしっかりした岩にケミカルアンカーを設置しました。

Dsc_0348

Dsc_0349

Dsc_0351

ここから2m程下のボルトは動いてガタがあるので抜きました。

Dsc_0345

ここも30cmくらい離れた所にウエッヂアンカーを打ちました。

Dsc_0350

これで何時でも登れます。

お気を付けてクライミング楽しんで下さい。


| | コメント (0)

陽だまりエリア2本目

2022年5月22日

右から左側へ2本目のルート1本目とスタート位置も終了点も同じです。登る所が違うだけ。◕‿◕。

ルート名は(迷盲)

Dsc_03425

下から見たかぎりでは易しそうと思いきや、取り付いて見ると意外と難しい。

2ピン目まではガバだが3~4ピンが核心だ、ルートによって違うムーブが楽しい。

左右に逃げずボルト通しに登ること...

1番目のルートよりこちらの方が難かしく感じる。

とりあえず2本ルートが出来たので3ルート目に移るかな...(•‿•)



| | コメント (0)

新しいルート(陽だまりエリア)

2022年5月15日

冬場に一番日の当る岩場です。

まずは右の一本目(ルート名は煩悶と名付ける)

5.7前後でと思っていたがもう少し難かいようです。

5.8くらいと?とある人に行ったら、ここの岩場は少しグレードが辛めだね。取り付いて焦ったと言っていた。10.aくらいはあるんじゃないと言われた。グレード音痴のオイラには解らない。

Dsc_02942

上部支点まで15m、ボルト5本、終了点2本あり。

1ピン目の下に先人が打った古いハーケンがある。取り付こうとしてここから上は止めたのかもしれない。浮き石と土を落して登れるようになった薄被りの楽しいガバルート。

核心は2ピン目下の小ハング。3ピンを越えれば2〜3級レベルで終了点へ...



| | コメント (0)

釣りで雑念を取り去ろうとしたが駄目だった。

2022年5月2日

寝ても覚めても頭の中を巡る想い。

楽しいことも苦しいことも一緒に、何をやっても断片的に現れる悪魔。

釣りも集中できない。

今日はあまごの谷に行ってきた。

Dsc_03312

| | コメント (0)

帰雲山山スキー

2022年3月21日

メンバー5人

猿ケ番場に登る予定が登るのに手間取って帰雲山までとした。

Photo_20220322142801

雪はまだしっかりとある。樹林帯をシールをつけて歩くのは気持ちがいいがクラスとぎみなので急斜面だと少し滑って体力を消耗する。スキーアイゼンがあると少し楽だ。

k氏はツボ足からスノーシューをつけて歩く。

Dscf1131

この山は木が密になっていないのでスキーにはもってこいだ。

Dscf1132

樹氷が綺麗

Dscf1133

帰雲山山頂から猿ケ馬場を望む。

Dscf1134

今回は登る開始時間が少し遅かったのと、登るスピードが遅かったので山頂はあきらめ帰雲山までとする。

下りはよくしまって滑りやすかった。

 

| | コメント (0)

ゲレンデスキー・モンデウス

2022年3月11日

Dsc_0259

今週でスキー場の営業がオフとなるので行こうと言われOKを出した。

今日は半日だけにする。

素晴らしい天気に恵まれ楽しく滑れそうです。

朝のうちはアイスバーンぎみの固い雪で、ターンをすると板が踊って滑りにくかったが昼に近づくにつれて柔らかくて滑りやすくて楽しく滑れた。

11時20分に切り上げて、お昼は下呂の鶏ちゃん家に行くと数人が外で並んで待っていた。

Dsc_0262

こんなに混むとは思わなかった。

やっと1時過ぎに食事にありつけることとなる。

Dsc_02632

鶏ちゃん定食を頼み、最後は焼きそばを入れて食べる。ちょっとオイラには鶏ちゃんの量が少なかった。値段も一人当たり1800円ちょい、ちょっとお高め。

帰りはいつもの金山の温泉に入って帰ってきました。



| | コメント (0)

«今シーズン初のアイスクライミング