フォルツアSiにナビ着けた。

2021年5月8日

Ninjaの時~付けていたユピテルのナビが故障した。

数ヶ月スマホのナビを利用していたが、取り付けたり外したりするのが面倒でAmazanで7インチサイズのポータブルナビを購入した。

ちょっと加工しないと取り付けで来ないので前の部分を削りました。

Dsc_0650

取り付けてみました。

Dsc_0651

何とか納まりました。

Dsc_0653

これでツーリング準備OKです。

| | コメント (0)

小白山歩き

2021年3月27日(土曜日)

T・Nさんからの誘いで小白山に行く約束をした。

前回天気が悪くて杉山を過ぎたあたりで引き返してきたが、今回は天気が良く穏やかだ。

6時出発、アイゼンをつける。

Dscf1013

先月より少なくなった残雪でところどころ地肌が出ている。

Dscf1014

先頭がルート判断を誤り急斜面を登ることになって、怖いからと1名脱落で引き返す。

Dscf1015

緩やかな斜面になって上を目指すがK・T氏が遅れ気味で心配。

Dscf1016

K氏のアイゼンが外れて調子が悪いので、スノーシューで登ぼろうとバンドをつけようとしたが、永年劣化でことごとく千切れて取り付けることが出来ない無用の長物となる。

杉山まで登ると視界が広がり残雪の山々が見渡せる。

Dscf1017

野伏岳方面

Dscf1018

だいぶ標高が上がってきました。T・K氏足が攣ったのでここから一人下山するという。

Dscf1019

一部笹が出ていて、クレパスが出来ている所も見受けられる。

Dscf1020

ここから下の沢をのぞいたら雪崩のデブリが見えた。スキーではこの沢は避けたほうがよさそう。

Dscf1021

山頂は間近

Dscf1022

山頂は風が強く寒いので写真を撮って直ぐ下山する。

Dscf1024

早々と下山開始

Dscf1026

途中早めの昼食をとり、Nさんお手製のケーキでT・Nさんの30山登山を祝う。

Dscf1028

杉山まで下ると、山頂手前で引き返したK氏がいた。

ここでK氏が入って写真を撮る。

Dscf1029

靴底がそっくり剥がれたK氏は、テープで止めてもうまくいかず、最後の30分は剥がれた靴床をもって、足が冷たいと言いながらなんとか下山できました。K氏にとっては散々な山行であった。

駐車場に着いたら途中敗退したI氏がいた。フキノトウを取ったりして時間をつぶしていた。

Photo_20210328164801

6:00 出発

8:10 杉山

10:30 山頂

12:40 杉山

14:10 駐車場

登り 4時間30分 下り 3時間40分 休憩含む 

下山後T・K氏の30山最後の山の登頂パーティです。クラッカーまで鳴らして・・・いろいろとご馳走を頂きました。

Dsc_0616

いい運動になりました。食料は皆さんから頂いて、自分の行動食は少し食べただけ、満足な一日でした。こんな山行もたまにはいいな。

| | コメント (0)

鬼が落とした大石

2021年3月9日

この前岐阜新聞に載ってたけど、昼から時間ができたのでバイクでのぞいてみた。

このバス亭のところの細い道を入っていく。

Dscf0996

入り口に立っていました。

Dscf0997

旗までたっているので道路を走っていればすぐわかる。

Dscf0998

遠くに2つの石が見える。

Dscf0999

女性自身という週刊誌に掲載されていたようです。

Dscf1001

英語でも書いてあるね。

Dscf1002

 

Dscf1003

頂いてきました。

Dscf1004

昔話の伝説の地だそうだ・・・

Dscf1005

桜が咲くと石も引き立つかも?前にある竹の柵が邪魔くさい。

Dscf1006

| | コメント (0)

小白山スキー

 2021年2月27日(土曜日)

Photo_20210228172901

7:00ワカン組とスキー組と別れて白山仲居神社を出発

Dscf0975

林道を上がったところでワカンをつけてスキーを担ぐ

Dscf0976

急斜面を登っていく

Dscf0977

1時間ほど登って少し傾斜が緩くなったところでスキーをつける

Dscf0978

快適です。

Dscf0979

昔の石徹白のスキー場が見えてきた。

Dscf0980

杉山を超えると展望がよくなってきました

Dscf0982

野伏岳かな?

Dscf0983

スキーが重くてしょうがありません。シールに着いた団子を落としながら来たけど限界です。雪をスクレパーで落としてワックスを塗ります。これで雪が付きません。

Dscf0985

小白山からの尾根です。

Dscf0986

白山も望めます。写真はないけど北アルプスもちょっと見えました。

Dscf0987

11:25ワカン組が降りてきたので、我々も帰ります。標高1400m付近から滑降開始です。

Dscf0988

杉山の手前になめこか?と思ったら、ヒラタケでした。乾燥していたので戻して食べれば食べれるかも?

Dscf0989

大パノラマ

Dscf0990

最高の天気で登山者も多い。

Dscf0991

ゴーグルをしないと目がやられる。

Dscf0992

今日は日焼けするぞ。

Dscf0993

今日は本当に良い天気です。よくしまってるのでこの前より滑りやすいです。

Dscf0984

途中昼飯タイムをして下までスキーで15時に下りました。駐車場は車でいっぱいでした。

天気がいいのでのんびりスキーにはよい。杉山まで70代グループが登ってきた。ピークハントだけだったらワカンかスノーシューのほうが快適でしょう。朝のうちは前爪のあるアイゼンがあると楽だね。本当に気持ちよったし、お腹もすいた。いい運動になった。

| | コメント (0)

クライミングシューズ

202l年2月17日

台風並の風が 時折 吹きすさぶ 寒い中、1時間程岩にさわってきた。

今ある靴3足の内2足はオートバイの廃タイヤをカッターで切り取って張り付けてある。

Dsc_0562

クライミングシューズを 最初に買った時は お店の人に 従って めちゃくちゃ きつい シューズを買った。 履くのにも大変 時間がかかる。 登っている途中で足が痛くなり 頭の中まで痛くなりそうな靴だった。 とても我慢できなくて、 次に買ったものは靴下を履いていたくないサイズにした。

微妙なところに乗ると 靴の中で 足が動く。

本当は もっときつい靴を履いた方が のぼりやすいんだろうけど 痛いのは嫌なので 一日中履いてても痛くない 靴で登っている。

マジックテープでとめると、 靴紐で締めるタイプがあるが しっかり閉まるのは靴紐タイプである。

毎週クライミングをしていると 1年を経たずして ソールが減ってしまう。

他はどこも悪くないのに ソールだけで 新しい靴を買うのはもったいなくて、 バイクの廃タイヤを貼り付けてみた。

オイラのレベルでは 難しいところを登るわけでもなく、 運動として やっているだけだから 、苦になるところはない。

難しいところを登ると ちょっと力むので 血圧には良くないらしい。 最近 目も悪くなって来て 、眼鏡をはめても ホールドが見えにくくなった。 指の筋力も バランスも 悪くなり 、 ミスも目立つようになってきた 。怪我をするリスクの高い リードクライミングはもう今年一年で やめるつもりだ。 これからはトップロープで 運動して遊びます。

Dsc_0559

廃タイヤをそのまま貼り付けて 登っていたら スリップした。

ソールをグラインダーで 軽く傷をつけてみた。 若干グリップ 力が 高まったような気がする。

| | コメント (0)

天狗山

2月7日(日)

眠い目をこすりながら目覚ましの音で目を覚ます。4時15分、お茶を沸かしてポットに詰める。新聞を大雑把に流し読みしてバナナを1本お腹に放り込んで4時50分家を出る。待ち合わせ場所に前回少し遅れたので10分早く出るが、集合時間の40分前に着いてしまった。

O君に山スキーの板を渡す手はずになっていたのだが、来ないので聞いてみたら、彼のことは聞いていないというので、他の人に預けて渡していただくようお願いして出発する。

Dscf0966

車を止めたところで、わが会のM氏他2名の女性と偶然会う。

Dscf0967

お先に失礼して、高圧線用に作られた道を登るが雪が少ない。

Dscf0968

少し登ったら雪が出てきたのでワカンを履いて登る。

Dscf0969

横山ダム下はガスが出て見えない。

Dscf0970

少し急な登りになってきた。

Dscf0971

山頂はまじかです。

Dscf0972

3時間25分かかってやっと山頂に着きました。

風があるので雪の壁で食事をとり終わったころに、わが会の3人組が登ってきた。

写真を撮ってお先に下山します。

Dscf0973

トレースのない雪をワカンを履いております。気持ちい~しかし皆さんスノ-ウシューがほどんどだった。高くて買えない。

Dscf0974

下山に2時間06分かかりました。歩いた歩数は19710歩であった。

202127

登山開始 7:20 ー 鉄塔 7:55 - 山頂 10:45 休憩30分 ー 下山開始 11:15 - 車まで 13:21

早く下山できたので家で風呂入ってビール飲んでゆっくりできた。満足満足!

 

| | コメント (0)

貝月山、山スキー

2021年1月30日(土曜日)

T氏のお誘いがあり、前回の山行では効きの悪かったシールだったので新しく購入したシールを購入した。

Dsc_0545

登り始め 8:25 避難小屋 9:15 休憩 9:20 標高998m 11:16 下山開始 - 12:00 避難小屋 12:35 滑走 ー 車 14:00 

Photo_20210131151301

雪質がいいのか?新しいシールがいいのか?判らないが前回の斜面の登行と比べると滑らなくなって、体力の消耗は若干防げる。

Dscf0957

昨日の新雪でよく潜ります。ワカンは部分的に大変なところもあるようだ。

Dscf0959

尾根筋に入るとスキーは操作性が悪く、ワカンやスノーシューに劣る。

標高998m付近で3時間かかっている。山頂は無理と判断し下山する。

尾根筋で滑走開始です。ところがT氏の奥様が30mほど前で転倒したので右によけて滑ろうとして雪庇に気づかず。乗ったとたん崩れて2~3m程落ちた。急な谷筋でなくて木が生えていたので良かったが、登るのが大変でした。気をつけなきゃ。シールを付けたまま避難小屋まで滑って休憩後シールを外して滑走です。雪質はいいのだが、昔のようにうまく滑れない。やはり圧接したゲレンデばかり滑っていては滑れないはずだ。

Dscf0958

下まで滑ったら家族連れでソリ遊びをしてる風景がなんとも・・・

Dscf0961

いい運動になりました。

T氏から山スキー板をいただきましたがビンディングが僕の靴に合わず残念ながら使えない。

Dscf0962

ビンディングの靴の位置を一番下げたけど嵌らない。

Dscf0963

僕の板のビンディングはこれだけ余裕があるけど、古い機種は靴サイズの合わせ幅が狭いんだね?もう少し足の小さい人ならOK見たい。

ダイナスターの板を履いて滑ってみたかった、残念。

Dscf0965

| | コメント (0)

ショートルートの終了点、スリングの交換

2021年1月27日

今日はスキーに行く予定だったんだけど、K氏が歯医者の予約があるから天気が良くなりそうなら変更してスキーに行くから、2日前くらいに連絡してほしいと言っていたので、週間天気予報を見ると100%の降水確率だったので中止にした。ところが朝から良い天気になった。ちょっと岩場まで運動に・・・

冬場はほとんどクライミングはいつも冬眠状態であまりしないが、一年のうち一番寒い時期に春のような温かさに誘われて1時間程運動をしてきました。

夕べけっこうな雨が降ったので、川は茶色く濁流となっている。当然岩もべたべたに濡れていて登れない。

裏側に回って懸垂下降で降りてスリングの交換をしよう。

Dscf0949

昔はここはフリーソロで登っていたのだけど今は怖いので垂らしてあるロープを頼りに裏側に回って上部に行く。

Dscf0948

このスリングの交換です。1年半くらい日光と雨ざらしで変色していますがまだ使えそうです。

Dscf0950

8ミリロープのようです。今回は10.5㎜のロープを付けます。

Dscf0951

上からもう一本安全のためにバックアップがとってあります。

支点のカラビナを固定するためのテープを持ってくるのを忘れたので、いったん下まで降ります。

Dscf0953

登るにも岩がべたべたに濡れているので登れません。シャントを忘れたのでクレムハイストで登り返しです。

Dscf0952

やはり道具があるのとないのとでは登るスピードが違います。

Dscf0954

支点まで登って3本でバックアップを取り、作業開始です。

Dscf0955

カラビナのゲートが開かないようにテープで止めます。

Dscf0956

これで2年ほどもってくれればいいかな?

作業を終えて車のところに来たら消防署に努めてるN氏が初心者を連れて来ていた。

雨でフリーのルートは登れないよと言ったら、登れそうなところでやると言って岩場に向かって行った。

| | コメント (0)

10年以上前に登ったルート

2021年1月24日

冬場はほとんどクライミングは冬眠状態だけど、運動を兼ねて10年以上前に登ったルートを見てきた。

Dsc_0515

岩には草が張りめぐっています。

登っていないと自然に帰るんだね。

ぼちぼち掃除をするかな。

| | コメント (0)

セイダカアワダチソウ

2020年11月22日

この草を知ったのは、川浦川で葛の繊維を洗っていた、ユカリンちゃんから、背高泡立草の入浴剤はお薦めだと聞いて早速採りに行きました。

Dsc_0377

草むらに生えている背高泡立草を採ろうと入ったことはいいが大変なことになりました。

Dsc_0383

トビツカが靴下からズボン、上着にいっぱいくっついて取るのが大変でした。

Dsc_0384

天日で1週間ほど干しました。

Dsc_0385

カリカリに乾燥したので、風呂敷に包んでお風呂の中の入れました。

Dsc_0390

3日間追い焚きで入りました。

Dsc_0398

香りもいいし身体がポカポカと温まります。

なんと、吹き出物がきれいにおさまりました。

薬効があるみたい。

春の新芽を天婦羅でも美味しくいただけるそうですので来年食べてみたいです。

| | コメント (0)

«野外コンサート