« Ninja250気ままな日帰りツーリング | トップページ | 8月のランニング »

仏教

僕にとって物心つく頃から成人になるまでの仏教とは、全く自分には関係ないもの、意味不明なものだった。

仏教を知りたいと思ったきっかけは、親戚の法事からでした。
法事に行くたびに訳の解らないお経を聞き、世間話と食事をして帰ってくるのが法事だった。

法事の意味ってなんだ、何故やるんだ・・・?? 疑問だらけ。

そこで、本屋に行って仏教書で分かりやすいと思われるものを買ってきた。中日新聞にも(ほどほど人生論)を連載されている「ひろさちや」が監修した本だ。

この本の前書きに
「わたしたちは仏教を学べば、ー精神的な安らぎと不安の時代を生きる知恵ーが得られるのです。これは確実なことです。」
と書かれている。

お経についても
釈迦が伝えようとした、すべての人を救う、つまり人々がよりよく生きて行くためのメッセージが記されている。釈迦の教えは永遠不変の宇宙の真理である。したがって、時代の変化に左右されたり、古くなってしまう事がない。そこには現代を生きる私たちにも通じる教えがある。

と書かれている。

オートバイに乗っても、山に行っても、楽しいと思う事をしても、一時的だけで後は虚しさが押し迫ってくる。どうしてなんだろう。心のそこから楽しめないのだ。
生きている意味って…?

抜苦与楽、本当に仏教の教えを学べば解決できるのか・・・?

知識を得れば、またその疑問や悩みが出てくる…きりが無いように思うのだが・・・

|

« Ninja250気ままな日帰りツーリング | トップページ | 8月のランニング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏教:

« Ninja250気ままな日帰りツーリング | トップページ | 8月のランニング »