« ふきのとう | トップページ | 高澤古道 »

お米

親戚のおばさんから玄米30kg送ってきた。

信州の山の綺麗な水で取れたコシヒカリだそうだ。7分吐きで食べるといいと聞いていたので、近所のコイン精米機へ行って吐いて来た。

今まで食べていた物より米の形が若干細くて小さいように感じた。でも、炊いてびっくり。今まで味わった事のないほどの旨さだ。

今まで米屋で 10kg 4,200円で買っていた米が結構美味しいと思っていたが比べものにならないくらいこの米は美味しい。この違いは何故なんだ・・・?

何時も炊いている電気炊飯器で炊いても美味しいが圧力釜で炊くと更に味は引き立つ。

こんなに美味しいと、もうほかのお米は食べられないな~

今日お米を自分で炊こうと思ったら姉貴に炊かれてしまった。

僕の姉貴は料理べたなのでやってほしくないんだけど・・・。

ご飯を炊かせると何時も味が違う。電気炊飯器でも駄目だ。

お米を浸さず、洗って直ぐ炊く

水加減はずさんだから軟らかかったり硬かったり芯があったり・・・

火力調整も圧力釜の指定した火力でおこなわない

当然時間も自分の決めた時間でガスを切る

炊き上がって圧力が下がって規定の時間になったら早めに保温ジャーに移せばいいのに

それもしない。

炊きあがってジャーに移すとき、米を解すのも殆どしない、大雑把。このほぐす作業は大事なんだ。均等にほぐすことで味に大差がつく。

だからせっかくの良質のお米を頂いても素材の味が引き出せないのが残念でならない。

といって恐い姉貴に物申す勇気もない。

自分ひとりの時、ゆっくりと自分で料理を楽しんで味わって食べることにしよう。

|

« ふきのとう | トップページ | 高澤古道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お米:

« ふきのとう | トップページ | 高澤古道 »