« 2月トレーニング日記 | トップページ | 3月度日記 »

アイスクライミング

2月5日(土)  八ヶ岳南沢小滝、大滝

朝4時集合 → 7:30 赤岳山荘 (駐車料金1,000円) 7:50 → 9:10 南沢小滝 15:00 → 16:00 赤岳山荘 16:30 → 諏訪南IC → 19:30 関・富加IC 解散

眠い目をこすりながら目覚まし時計のけたたましい音とともに飛び起き車に乗り集合場所に・・・参加者5名の装備を一台の車に押し込み 3時50分に出発し途中駒ヶ根SAにて朝食を取り赤岳山荘に向かう。(赤岳山荘駐車場 GPSで標高1,708m 気温氷点下8度)ここから歩いて約1時間20分(休憩含む)小滝(取りつき標高2,075m)に着く。2パーティが左右を登っていたので、まっさらの中央を登らせてもらう。ここに来るのは7年ぶりくらいか・・・?アイスのリードクライミングも久しぶりだ。左手でアイスバイルを氷に叩き込んで右手でスクリュウをセットしながら、ノンテンションで上まで上がる。上部で3本のスクリュウを打ち込んでトップロープの支点をセット。O氏自作のトップロープ用ワイヤーを付け4名の方にトライしていただく。残念ながら自分のリードの写真はほとんどない。

Img_1674_1

しばらくすると左右でやっていた両名は去って行き我々だけの貸し切り状態で右側もトップロープを張る。ランチタイムの時間時に2名がやってきて少し登りたいと言ったので、我々のセットしたので登っていただくことにし、その間大滝(取り付き標高2,089m)を見に行く。

Img_1678_1

時期によって氷の張る状態は違うが、3段の35m程の滝だ。登りたいところだが日帰りで限られた時間しかないのでいたしかたない。小滝に戻って氷の張りの少ない氷柱状に取り付くがしっかり打ち込まず立ちあがったらバイルが抜けて落ちた時にメガネを直撃、レンズは割れなかったもののひどい傷が付き鼻当ての溶接部分がちぎれ落ちた。フレームも曲がってしまった、もう使えそうにない、えらい出費だ。でも、怪我がなかっただけ幸いと思わなければ…以前リードで登っていた所で登れると高を括っていた自分も歳を取り危険のリスクがあるリードで何時までのぼれるのか定かではない。自分の限界を見つめる時期に来ていると思う。

3時に切り上げ駐車場まで戻り後ろを振り向くと阿弥陀ヶ岳が美しい。

Img_1681_1

GPS 軌跡 ↓

Photo_2

最近時々思う、こんな寒い所にわざわざ来て、家でのんびり炬燵にあたってテレビを見てた方がいいな~って、でも、来て人と自然と触れ合って程ほどの疲労感が心地いいから何故かまた来るんだよね~

|

« 2月トレーニング日記 | トップページ | 3月度日記 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイスクライミング:

« 2月トレーニング日記 | トップページ | 3月度日記 »