« 猪背山 | トップページ | 2月度日記 »

2012年1月度日記

1月度ランニング距離は 21kmでした。

1月1日(日)

地元の神社に集まることになっているので6時に起きて行った。焚火の前で『みなさんあけましておめでとうございます』と新年の当たり前の言葉を交わしお神酒を飲んでみなさん楽しそう。僕の心の中では何がめでたいのか分からない。いつもと変わらない年が明けただけだ。

『門松や冥土の旅の一里塚、めでたくもありめでたくもなし』でございます。

1月2日(月)

今年の初クライミングをしようと思って起きたら路面が湿っている、朝食を取り終わったころ外を見ると少し明るくなりそうな気配・・・チョット休憩をして外に出たら小雨だ。駄目だこりゃ・・・Σ(☆ェ◎^;) ガックリ !! 

1月3日(火)

昨年の11月20日から干している蜂屋柿だが、この前親戚のおばちゃんに教えてもらった方法でやったら、白い粉が表面に吹いてきた。まだ柔らかいのでもう2~3日寒風にさらして取りこもうと思う。

Img_1962_1

1月4日(水)

一週間の休みがあっという間に終わっちゃったよ (;ω;) もっと休みたいよ~でも、明日からお仕事です。頑張らなくっちゃ…d(@^∇゚)/ファイトッ♪

1月5日(木) 7km

今年初ランニング、まだ日陰に雪がありゆっくり走りだす。スロージョックから始まり最後はキロ4分台で…気持ちよく終了。明日は軽いウエイトでもすっかな。

1月9日(月)

ここんとこ忙しくて日記を書く暇がなかった。疲れていてココログを開く余裕さえなかった。右目の調子が悪い。時々見えにくくなる。こんな調子で仕事もクライミングも続けられるだろうか…?仕事は収入は減るが、やめようと思えばすぐにでも止められる。クライミングはいつもの岩場ならホールドは分かっているので登れるが、違う岩場に行ったときはそうはいかない。違う場所に人を連れていくにしても自分の調子が悪い時、考えてしまう。自分が事故を起こしてみんなの迷惑になりはしないかと…

1月10日(火)

渓流用に仕掛けを作ろうとしているのだが、目が見えない。右目が見えにくいだけでこれほど苦労するとは…魚釣りは向いてないかもと思ったりもした。すごいストレスがかかる。

1月12日(木)

自分は精神的に弱すぎる。

色々な刺激や情報に翻弄されることなく、自分の心のままに生きることができたらな~

全て断ち切って暫く一人山にこもるか…それとも部屋に閉じこもるか…(*⌒∇⌒*)テヘ♪

1月13日(金)

一週間前に取り込んだ干し柿20個ばかりだが、お客さんが来たりしてほとんどなくなった。最後の一つが残っていた。作っても自分の口に入るのはほんのわずかでほとんどが人の口に入ってしまう。その最後の一個は、取り入れた時より一段と表面が白くなり、冷蔵庫に入れておくだけでも粉が吹いてくるのだな~と思った。今夜味わって食べた。来年はもう少し作りたい。

1月14日(土)

久々に寝坊をした、7時半だ。朝食をとって外をみると天気がいいな~”クライミングにでも行くか”と思ったが、昨日バイクのタイヤを外したのでタイヤ交換にもっていきたい。電話をして価格を聞いたら前後2本で3万2千円だそうだ。軽4のタイヤ4本より高いな~でもスリップラインが出てるので注文した。タイヤを組み付けるときリアーのデスクパットが減ってきている。これも早く交換しなければやばい。出費が多いな~

少しの時間をみて30分ほどボルダリングに行ってきた。登って飛び降りた時に、ちょうど石の突起のところに飛び降りた。その時は痛みはそれほどなかったが家に帰ってきてからだんだん痛みが出てきた。湿布を貼って歩くのもきつい。肉離れでもしてなければいいけど少し腫れてきた。2週間くらいおとなしくしてれば治るかも…(´;ω;`)ウウ・・・

1月15日(日)

たまに気晴らしにギターを弾く。不思議と音が良くなってきている。だが腕は悪くなり身体も下降線だ。ギターを弾き始めた15歳当時、自分は何のために生きているんだろうと真剣に考えていた。存在価値があるのだろうかって。このまま死んでもいいと思った時期もあった。でも何故かまだ生きている。今から思うと空しいし悲しい。

『生きていれば必ず光は射す、苦しみは逃げるのではなく受け入れてゆくのだ…人間には自分の天命を果たす義務と責任がある』と誰かが言った。この義務と責任って何だろう…?おいらにはさっぱり解らない (・_・?)

1年間の自殺者3万人を超えている。これが14年も続いているそうだ。自殺の原因は貧しいからだけではない。お金をたくさん持っている人や、地位や名誉のある人だっている。反対に少しでも長生きしたい、病気で残りわずかだと宣告されても、手術をして少しでも生きていたいと思う人・・・まちまちだ。苦しみをスポーツや自分の好きなことで紛らわしたり、宗教に進む人もいる。それはその人の選択と運命なのかも知れない・・・

1月17日(火)

今夜の味噌汁は減塩白みそだ。減塩だとこんなに味が落ちるの…??ふうつの味噌買ってきたほうがよかった ∈(*´◇`*)∋ ガッカリ。。

下仁田ネギを買ってきた。何気なく言った言葉『この下ネタネギおいしいね~』ニとネを間違えただけなのに、ニタ~と笑って『下ネタじゃねえよ…』って言われちゃったよ。

1月18日(水) 7km+7km=14km

この前のクライミングで痛めた足を横上から押えるとすごく痛い。でも足の裏から着地して裏側の骨が痛いのならわかるけど上横を抑えると痛みがあるのが不思議だ。まったく足裏は痛くないのでスローで(㌔5~6分)ペースでジョックする。なんとか痛みもなく終了。まだ一週間くらいは痛みが続くかな~

1月20日(金)

夕べも色々やってたら12時近くになってしまった。今夜は11時までに寝よう。明日もやることいっぱいあるから・・・

1月21日(土)

朝から雨だ。タイヤの交換に行くので合羽を着て走る。パラパラ雨だから大したことなかった。でも、帰りはしっかり振られて、合羽が古いせいか継ぎ目からしみてきて方とかズボンが少し濡れた。雨ふりはヘルメットのシールドが濡れて曇るし視界が悪くなるので危険だ。その上スリップの危険もあるのであまり乗りたくない。

今回のタイヤ交換は前後で3万7千円だった。バイクは2万キロで2本交換でこの値段、軽4は5万キロ近く走って4本交換して3万円もいらないことを考えるとかなり高くつく。次回は自分で交換しようと思う。

1月22日(日)

急激に身体の衰えが目立つ。右半身の変調、何をするにもおっくう。こんなことが続くと仕事もしたくない、山も登る意欲が失せる。山の会も入っているだけでそれほど行きたいとは思わない。
こんな人間が会の運営に携わることなどとんでもないことだ。潔く退くことが一番いいのかもしれないと思う。でも、何も役がないのなら、もう1年会費を納めて財政の役に立つことはできる。それ以外には僕は役に立つことはないんじゃないか?何もやらない人間、たまに気分のいい時だけ山行をする、それだけでいいと思う。そんな人間が一人ぐらいいたってかまわないじゃないか…僕の場合精神的なトラウマ、病気が人前で自分を出しきれない、そんな状況の中で今自分にできることが何であるか探し求めたい…

1月23日(月)

仕事帰りにクライミングに行った。30分ほど登ってきたが、自分で開拓したルートが登れなくなった。情けない。体力も筋力も瞬発力もバランスも柔軟性も落ちていく…当たり前のことだがこの下降していく身体に寂しさを感じる。これからは別の事に時間を移していこうと思う。

1月24日(火) 7km+14km=21km

もう追い込むランニングはしたくない、ただ流すだけ。今日も1km 5分~4分ペースで走った。ラストはいつも3分ペースで流すが今日はそんな元気はない。

1月27日(金)

毎晩11時を過ぎる。もっと早く寝なきゃ…でもまだやることがある。もう仕事辞めたいな~

1月28日(土)

Ninja250のタイヤ交換しただけだけどコーナリングが全然違うな~楽しくなっちゃう…早く暖かくならないかな。

1月29日(日)

県連の雪山講習会に行かなければならなくなり、家でもっと寝ていたいな~って思いながら、しょうがない会のリーダーだからほっぽり出すわけにいかないので、重い体と精神状態が落ち込んでいる頭を奮い起こし、目覚まし時計を2つセットしておいた。4時35分起きてお湯をポットに詰め込んで、コンビニで行動食を買い込み、眠い目をこすりながら集合場所に行くとほとんどの人が集まっていた。高速を利用して高鷲スノーパークスキー場まで行く。僕はここに来るのは初めてだけど大日岳は山スキーでこのスキー場ができる前にこちらのルートから登っているので懐かしく思えた。

Img_1963_1_1


各山岳会から集まった人数46名。ゴンドラに乗って標高1,520mまで一気に上がる。そこから講習の始まりだ、最初はツボ足で腰まで埋まるラッセル、そのあと5名くらいのグループに分かれてワカンを付けてラッセル交代しながら暫く進み、そのまま山頂まで…大日岳山頂で10時15分ごろだったか?朝飯と昼飯代わりに行動食を胃袋に押し込み、山頂直下で雪洞ほりを12時ごろまで…下山をアイゼンを付けての歩行訓練をしながら滑落停止のできる斜面を探すが適当な斜面がないので、ゴンドラ終点あたりの上部の斜面で形だけの滑落停止の練習をした。天気が良くこの時期としては穏やかな雪山だった。

1月30日(月)

今週の訓練に引き続き来週は例会山行のリーダーが当たっている。昨日登山口である体育館にはトイレはあるか…?と聞かれたので、今日確認にバイクで行ってきた。今日は体育館はしまっていたがその横のグランドにトイレがあるので大丈夫だ。男はなんとかなるが、今回女性の参加が多いのでそういった心配りも必要なのだな~距離も約30km弱だった。

1月31日(火)

なぜか右足首が痛い。とても痛くて時々まともに歩けなかった。2週間前にボルダリングで飛び降りた時の痛みも完全ではないのに日曜日に歩いたせいだろうか…?足首がしっかり固定された冬用2重靴だから足の負担はそんなにないと思っていたのだが…痛みのない歩き方をしてなんとか仕事は乗り切った。

|

« 猪背山 | トップページ | 2月度日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年1月度日記:

« 猪背山 | トップページ | 2月度日記 »