« クライミング3月 | トップページ | ライブ »

今月のリハビリ3

2013年3月7日 晴れ 3回目

2時間53分の歩く薬を飲んできました…?変な薬剤を飲むよりも歩いて血流を良くしてアルツファイマーの進行を緩やかにする。今日は老化した頭を少しすっきりさせるために往復9.6km(2時間53分)徘徊してきました。膝がまだ治りきっていないのでのんびりゆっくりです。家に帰って携帯見たら16,803歩いてた。

↓ GPSの軌跡です。

2013y03m07d_150954940

3月8日(金) 4回目

2時間の沢歩きをしてきました。3月に入って一気に気温が上昇、沢を歩いていても寒くない。遡行終了点に来た時、愛知県から釣り人が来ていた。成魚放流の残り物を釣ろうと思ってきたと言っていたが、釣れただろうか。僕が歩いた所にはアマゴの魚形は見当たらなかった。

3月12日(火) 5回目

2時間28分の山歩き、距離は往復5.6kmです。膝サポーターをしていたけど帰りチョット痛みが出だした。まだ3時間以上は歩けません。少し藪こぎしました。

2013y03m12d_135614064

3月15日(木) 6回目

距離 4.8km 約時間の山歩きをしてきました。地図を見ながら歩いていない所をのんびり歩くのは楽しい。

2013y03m15d_141122698

3月17日(日) 7回目 晴れ

距離往復 5.2km 2時間15分の山歩き、最初林道を詰めればそのうち左側の尾根に鉄塔用の道があるだろうと何も気にせず林道を進み、きれいに整備されたハイキング道を歩いていたら道が無くなった。これから引き返す気にもならず踏み跡を沢に沿って歩くと完全に踏み跡も亡くなった。右の尾根に道があるだろうと急斜面を木につかまりながら、汗をかきかき藪こぎで尾根に出るとかすかな踏み跡があるのでそれを上に上がっていくとしっかりした踏み跡にであった。そこから鉄塔ピークに出る。ここから尾根を下って沢伝いに下りていくが倒木が邪魔して歩きずらい。なんとか林道に出て分岐まで歩き引き返す。帰りは鉄塔用の道のほうが歩きやすいと思い尾根経由で帰ってきた。

2013y03m17d_124249355

3月20日(水) 8回目 曇りのち雨

今日はK氏と二人でハイキングです。車2台で、半道から寺尾まで尾根伝いに片道約7km歩いてきました。所要時間は3時間43分(休憩含む)のんびりと休憩して昼前山行、帰りは武芸川温泉に入って汗を流してきました。久々に気持ち良かったです。

2013y03m20d_155540603

3月23日(土) 9回目 曇り時々晴れ

歩いた距離 往復4km+a 所要時間 約1時間35分

2013y03m23d_134548825


歩くには少し物足りなかったけど、昼前山行としては丁度いい。↑は登りの奇跡だけど、帰りは違う所を歩き藪を漕いでピークに立った。地図を見ながら現在位置を確認して歩くのはそれなりに楽しい。山を軽く見て地図を持たずに道に迷う人がニュースなどでよく聞く、それもしっかりした登山道のある道で…地図を持っていても読図ができなければ意味がない。こういった低山で地図を見ながら歩くとそれなりに地図が読めるようになる。

3月25日(月) 渓流遡行

片知渓谷を2時間30分程遡行した。アマゴを釣りながらであるが、2匹掛かったが一匹は手元で外れた。結構大きいアマゴだったので残念だ。ちびアマゴ1匹だけゲット15cmである。リリースぎりぎりのサイズだけど持ち帰った。いつも見るアマゴのパーマークは綺麗だが、今の時期は死ぬkと直ぐ表面が黒っぽくなってしまうのが残念だ。

Rimg0021_1

3月29日(金) 10回目 

霞が合って黄砂があり薄曇りの天気だ。膝の調子が悪く今日は2時間で辞めた。登山道のない山を歩くと道を間違えるので、必ず地図とコンパス、最近はGPSを携帯している。割と顕著な尾根つたいに歩くので間違えることはないだろうと地図を確認せづに歩いていたら、間違えて違う方向に下りた。どうしても踏み跡の濃い道を知らずと選んでしまう。こまめに地図の確認を怠った結果だ。仕方がなく戻り途中から急斜面の沢を倒木と藪をかき分けながらなんとか違う道に下りた。車の駐車してある所まで歩いていく途中で、タラの芽を発見、まだ収穫にはちと早い。その下にも開き切ったフキノトウがあった。蕨も確認、もう春なんだ。

Rimg0009_1

|

« クライミング3月 | トップページ | ライブ »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月のリハビリ3:

« クライミング3月 | トップページ | ライブ »