« 質素な食事 | トップページ | 渓流釣り »

火傷のあと

2014年8月8日(金)

オートバイのマフラーで火傷したところが乾いてきたのでガーゼを取った。周りの部分は瘡蓋が取れ小さくなってきた。

一時は火傷したところから離れた下部の、上腕二頭筋が大きくたんこぶのように腫れあがり、上部は首筋にまで違和感があり、患部は膿をもってガーゼを取るとくっついて表面が出血してなかなか乾かなかったし熱もあり、ちょっと心配したけど氷で3日間冷やしていたら腫れも引き落ち着いてきた。処置はシャワーを浴びた後に、マキロンを霧状に吹っかけ、表面の膿を拭いてから、マーキュロクロームを塗ってガーゼを当てておいたら割と早く乾燥した。後は瘡蓋が取れるのを待つだけです。

今年は次々と何かが起こる、火傷が治ったら今度は何だろう・・・??暫く岩登りもやっていないけど、落っこちてあの世行きとなる前兆の警告だろうか・・・?

Dscn0346_1

|

« 質素な食事 | トップページ | 渓流釣り »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火傷のあと:

« 質素な食事 | トップページ | 渓流釣り »