« 大船山と風力発電そして井沢渓谷滝巡り | トップページ | ココログ »

良寛さん

2014年10月22日(水)

ネットで2冊ほど本を購入した。

その中に書かれていることがおかしくて笑ってしまいました。

・・・・・「まだやりたい事があるので、いましばらく長寿の祈祷を、お願いしたい」

80歳の老翁が、高徳の噂を聞いて良寛さんの所にやって来た。

『長寿といっても、何歳くらいまでをお望みかな。それが分らぬと、祈祷のしようがない』

「90では10年しかない。100歳までお願いしましょうか」

『あとたった20年。101になれば死なねばならぬが、いいかな』

「もっとお願いできましょうか」

『一体、何歳まで生きたいのか、思いのままに言ってみなさい』

「それじゃ、150歳までいかがでしょう」

『150歳で、よろしいか』

「あんまり、厚かましくても・・・・・」

『そんな遠慮は、無用じゃ』

それでは200歳、300歳、500歳と、次第に寿命をせり上げ作るおかしさに耐えながら、良寛

『どうせお願いする、ついでだ。本心言ってみなされ』と促すと、

「それじゃ、いっそのこと、死なぬ祈祷をお頼みします」

本音を吐いたという。・・・・・

日本の自殺者は年間3万人を超すと言うが、死にたくない、少しでも寿命を伸ばしたいというのはほとんどの人が抱いている気持ちだが、この話は逸話なのか、本当の話なのか知らないけれど誰もが達者で長生きしたいと思っていることを滑稽に描いているのが面白いと思った。人間の本心が表れているのかな??

|

« 大船山と風力発電そして井沢渓谷滝巡り | トップページ | ココログ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良寛さん:

« 大船山と風力発電そして井沢渓谷滝巡り | トップページ | ココログ »