« 防寒ブーツ | トップページ | 怖い岩角 »

2014年12月22日(月)

鯉は食べれないと言う人もいるけど、信州の鯉は美味しいね。

Dscn0457_1

これからの寒鯉(12月~2月くらいまでの寒い時期)は肝から卵腹の周りから皮まで脂が乗って、とても淡水魚とは思えないトロトロで凄く美味しいです。

信州の叔母に、昨年から岐阜の寒バエや渓流魚、岩魚、アマゴなどの甘露煮を送ったら鯉を送って来た。

Dscn0458_1

ここの味付けは、少し鯉の臭みが残っているし甘すぎるのが残念である。ショウガを入れたほうがいいのではないかとも思う。生の鯉があれば自分の味付けが出来るんだけどね・・・

以前、信州の叔父の山にある段々田んぼに山から来る冷たい綺麗な水を入れて鯉を飼っていた。そんな鯉を信州に行った時何度か頂いたことがあるけど、本当に美味しかった記憶があり、あの味は忘れられない・・・昔を思い出しながら送って来た鯉を食べました。

|

« 防寒ブーツ | トップページ | 怖い岩角 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 防寒ブーツ | トップページ | 怖い岩角 »