« ムカデの不法侵入 | トップページ | 風邪 »

きゃらぶきを作ってみました

2015年5月15日(金)晴れ

数年前、ふきのとうの根を3本ほど頂いてきて庭の柿木の下に植えました。今年も食べごろになったので大きいのを数本とってきゃらぶきにしました。

Dscn0583_1

軸の部分だけとって、皮をむきました。

Dscn0584_1

一般的には皮をむくのは厳禁と言われますが、少しでもやわらかいほうが好きなので、僕は皮をむきました。1本1本むくのは時間がかって面倒だけど、自分好みの味にしたいので・・・

Dscn0585_1

皮をむいたらきれいになりました。でも、これをまた1本1本拭くのです。

Dscn0587_1

新品の物が真っ黒になっちゃいました。

Dscn0586_1

重量は500gです。

Dscn0588_1

適当な大きさに切ります。塩をひとつまみいれて、アルカリイオン水を沸騰させて3~5分茹でる。フキの香りががたまりません。

ざるにあげて水分を切って、一般的にはここでアクを抜くために1~2時間水に晒すのだけれど、僕は省きました。

フキを入れてひたひたになるよう,昨年作ったのを記録しておいたので、重量から分量を%で計算して、醤油、酒、みりん、辛子、水を加えてほぼ同じ味付けで煮つめて完成です。水を加えると長期保存はできないけど、早く食べるから大丈夫、小分けにして冷凍室に入れてもいいし・・・お酒は料理酒ではなく清酒の1級をいつも入れています。醤油も金ラベルの高い醤油です。

Dscn0590_1

最後ピンボケになってしまいました。でも、人はなんというか知れないけど、少しのアクがフキの風味をかもし出していますので,アクは取っていません、オイラの味です。







|

« ムカデの不法侵入 | トップページ | 風邪 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きゃらぶきを作ってみました:

« ムカデの不法侵入 | トップページ | 風邪 »