« 大蜂屋柿 | トップページ | 供養 »

CBX400F

2015年10月20日

義理の兄貴がCBX400Fを買ったから見てくれと言って家に来たので、さっそく見に行き乗ってみました。

古いバイクで、キャブ車です。

エンジンをかけると、けたたましい音を立てて気持ちよっく回転が上がります。

マフラーが純正のものではなく変えてあるせいか、まるで暴走族がのってたような、けたたましい音をたてて走ります。

気持良くエンジンが回るのと、このマフラーから出る音が魅力です。

でも、タイヤがめちゃ細い。昔のバイクはこんなもんか・・・?当時は先端を走っていたバイクでも何十年も経つと、古さを感じます。

20歳の子がこのバイクを欲しがっているらしい。3万キロ以上乗ったバイクでも100万すると聞いてびっくりです。

お金がないから分割で買うんだそうで売ってあげるんだけど儲けはないと言っていた。

程度のいいものだと300万を超すらしい。

あまりの人気に盗難が相次いでいるらしい。

当時の値段はいくらした知らないが、中古市場で当時の新車価格の数倍の値段で取引されているそうである。

オイラはこんなバイク欲しいと思わないが、好きな人には、なにか引き付けるものがあるんだろうな~??

2015y10m20d_194610471

|

« 大蜂屋柿 | トップページ | 供養 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CBX400F:

« 大蜂屋柿 | トップページ | 供養 »