« ブラックベリー | トップページ | 日野原重明先生 »

テント泊渓流釣り

2017年7月26日~27日

まともに渓流釣りに行っていないし日曜日の山行に行けるかどうか不安だったので、足ならしに行くことにした。

今までバイクばかりで行っていたけど暫くぶりに車で行くことにした。

10キロほど走った所でスマホを忘れたことに気づくヾ(;□;)эガックリ!

金山を過ぎたあたりから凄い雨にあった。ラジオのニュースで加子母方面は今までにない雨だったと言っていた。

下呂を過ぎたあたりから空は晴れ模様、こちらはいいかな?

高山の吉野家で晩飯を食べて、丹生川村方面の山の中を走っているとキツネを見つけた。いったん止まったら、じっとこちらを見ていた。ゆっくり100m程走ったら後を付けてきたので止まったらかわいらしい顔でこちらをじっと見ているではないか・・・逃げないので降りて行こうと思ったけどカメラを出して取ろうとしたら、薄暗くなっているのでシャッタースピードが遅くなりまともに写真が撮れない。毛並みも良くて子犬みたいだ。

Dscn1107_1

ぶれまくりです。でもかわゆい・・( ^ω^)おっおっおっ

20時近くだからな~手を振ったら、じ~っとオイラの方を見ていた。さよらなら・・・

そこから500mも走ったら今度は大きなお尻、クマかと思ったらイノシシだった。カメラを出すまでもなく林の中に消えて行った。どちらにしてもこれだけ暗くてはこのカメラでは写らない。

現地に着き、空き地に車を止めテントを張る。まっ暗闇だ。ヘッドランプを付けて何とか張り終わる。月明かりでも張れるという、モンベルのムーンライトⅠ型一人用である。オートバイツーリングでもよく使うが簡単に張れるし、通気性がいいのでお気に入りであるがちょっと狭い。

気温は18度くらいで涼しい。沢音が大きくて、時折雨が降り出しやかましくて何度も目が覚める。防水性が高いので雨の侵入は無かった。

27日、少し明るくなったので目が覚めた。4時30分である。早速テントを畳んで準備をして5時に沢に入る。一投目でよい形22cmのアマゴがヒット。今日は絶対釣れると見込んだが・・・

Dscn1109_1


釣りあげた途端、雷と雨がひどくなってきた。合羽を着こんで遡行開始するが、この前ランニングして痛めた膝痛があり、おとなしくしていればいいものを、頼まれた超初心者の沢登に行ったもんだから余計に悪化してしまった。その痛みが少し引いたので出かけたのだけれどこれはいけません。無理したら余計悪化すると判断、釣れる条件はいっぱいあるのに3匹釣って30分ほど遡行しただけなのに戻ってきました。(´;ω;`)ウウ・・・

仕方なく帰ることにする。まだ6時と朝は早い、昨日と打って変って朝から雷を伴った雨、道路の真ん中にキツネ君が寝そべっていたので止まったら近寄って来た。多分夕べ出合ったFox君です。

Dscn1111_1

家から持ってきたおにぎりをあげたら喜んで食べていた。

Dscn1112_1

人懐っこいキツネ君だ。野生のキツネが人を恐れないなんて驚きです。

Dscn1110_1


車から降りても近づいてくる。頭をなぜてやろうと思ったら、だめでした。そこまでまだ仲良くなれないみたい。

Dscn1113_1


2匹のFox君にさよならして帰ってきました。

|

« ブラックベリー | トップページ | 日野原重明先生 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テント泊渓流釣り:

« ブラックベリー | トップページ | 日野原重明先生 »