« 懸垂下降でザイルを駄目にした。 | トップページ | 今シーズン 最後の渓流釣り »

岩場のハンガー

2017年9月25日
いつも行く岩場を2ルート掃除してきました。
懸垂下降で降りながら掃除をして、ユマールで登っていくとハンガーが逆向きで止めてありました。
誰がこんなことをやったのか、いたずらにしてはひどい。直そうと思ってもスパナを持ってきていない。(´;ω;`)ウウ・・・
Dscf0068
ヌンチャクをかけてみました。入れずらいうえボルトに閊えます。
Dscf0065_2
カラビナのゲートを逆にかけてみました。ボルトに閊えてこのまま強いテンションがかかればカラビナは破壊されます。
Dscf0063_2
ボルトの上にカラビナを置いても、下に力が加わった場合カラビナは壊れます。
Dscf0062_2
上の写真を横下から見た画像これで荷重がかかればカラビナは壊れる。
Dscf0061_2
ヌンチャクはザイルが動くとそれにつられてカラビナも移動し危険な状態になる可能性は非常に高いハンガーの設置方法である。
Dscf0066_2
ハンガーにヌンチャクをかけた状態(こちらのほうが安全です)
Dscf0067
アンカーのボルトが緩んでいたとして、だれかがボルトを締め付けてくれたのはいいけれどこれは行けませんね。
今回まずいハンガーが2か所発見しましたので来週行けたら治しておきます。
 

|

« 懸垂下降でザイルを駄目にした。 | トップページ | 今シーズン 最後の渓流釣り »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩場のハンガー:

« 懸垂下降でザイルを駄目にした。 | トップページ | 今シーズン 最後の渓流釣り »