« ナメコ採り | トップページ | 一夜干し »

干し柿作り

2017年11月25日

干し柿のシーズンに入りました。

10月の終わりにも小粒の干し柿を100個ほど作りましたが、こちらは2週間ほどで冷凍室にいれました。半分は誰かさんの口の中に入っていった。

早く作ると気温が高くてカビやすくなるのでできるだけ遅い時期に注文を入れておきました。「23~24日で全部収穫するので採りに来て・・・」っと農園から電話がありさっそくフォルツアSIで取りに行きました。

僕のバイクはリアBOXは46ℓ入るし、シート下にも50ℓほど入るスペースがあるし、デイザックを担いでいけばその中にもいくつか入るので柿を入れるくらいは余裕です。

早く乾かないので小粒の堂上蜂屋柿を注文しました。小粒でも1個当たり150円します。中型だと200円大型だと250円超大型だと300円くらいします。

ちょっと高めなので道の駅なんかで普通の蜂屋柿か富士柿を買ってきたほうがはるかに安いです。でも、道の駅って当たりはずれがあって、甘みの無い柿に当たったりするので、美濃加茂の本場農園で購入することにしました。

以前堂上蜂屋柿とはどれほどおいしいのか本場に買いに行きました。高いものだと1万数千円するので、僕は安いもの一箱8個入り4,000くらい出して2箱で8千円買って1箱は贈答用にしました。桐の箱に入って白く粉の吹いた干し柿は見た目が素晴らしいが、食べてみたら硬くてあまりおいしくなかった。こんなものなら自分で作ろうと数年前から作っています。

自分で作ったものは添加物が入っていないので安心して食べられますし、何よりも買ったものより美味しいです。

生柿を剥いて紐につるし、熱湯で10秒ほどつけて、室内で2日ほど置いてから外に出します。(ここで硫黄で燻蒸すると色つやが良く見えますしカビの発生も抑えられますが、添加物なので僕はここ数年はやっていません、やるつもりもありません)雨が降った日は取り入れたり、扇風機をかけたりして乾燥させます。10日~15日位すると柔らかくなってくるので一つ一つもみほぐします。ある程度乾いてきたら、藁帚を作って表面を撫でてあげます。そして寒風にさらすと白い粉が出てきます。

最近は面倒なので、白い粉が出てこない前に取り入れて冷凍庫に入れてしまいます。

Dscf0119

車庫に洗濯用物干しを掛けて70個ほど干しました。

4年前会社から帰ってきたら、2週間ほど干した干し柿が一つもない。ものの見事にサルのえさになってしまいました。1万円が飛んで行った。(つд⊂)エーン ショックだった。

翌年からサル除けに、網をかけて干しました。

完成したら、サルに食われるより甥っ子に食べられてしまいそうです。(´・ω・`)ショボーン

|

« ナメコ採り | トップページ | 一夜干し »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干し柿作り:

« ナメコ採り | トップページ | 一夜干し »