« タラの芽 | トップページ | 小白山のはずが・・・ »

南壁3ピッチの1ピッチ目

2018年4月5日
今日は18時ごろから雨が降るという天気予報なので、昼前クライミングに行ってきた。
昨年から掃除して浮石を落として登れるようにしたいと思っていたが、おおざっぱに掃除は終わったので、ユマールで登ってみました。
回り込んで2ピッチ目の上部から16mの懸垂下降で1ピッチ上部へ、そこにセットして懸垂下降で降りました。
約20mの高さで核心部は2か所のハングです。
ホールドはガバが多いので何とか登れました。
グレードは他のルートを登っていないので解らないが10a~bとしておきましょうか・・・?
この前掃除をして降りてきたら、『このルートの左2本は、ここの岩場の中で一番面白いね。』なんて言われましたので、調子こいて、また、その右にルートを掃除した。
このルートから取り付けば最上部まで懸垂下降無しで3ピッチで行けます。
赤の〇で囲ったところが核心部です。
Dscf0288
この前懸垂下降で芯が数本切れていたので、今日は10.5㎜×30mザイルを2本で、ユマールとroc,Teryxをつけて、一本のザイルが切れても大丈夫なようにアッセンダーを2つつけて登りました。
Dscf0289
やはり一本より安心ですね。
最近怖いのよ( ^ω^)・・・年取ったからねぇ~
10年前だったらグリグリで単独登坂をしてたかもしれないけど、もうできないね。(;ω;)
リードで取り付けるようにしたい。
しかし、オイラにゃこれくらいのクレードが筋肉の刺激にはちょうどいいです。
南壁3本が僕のお気に入りルートになりそうです。

|

« タラの芽 | トップページ | 小白山のはずが・・・ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南壁3ピッチの1ピッチ目:

« タラの芽 | トップページ | 小白山のはずが・・・ »