« 南壁 4ルートの|ピッチ目 | トップページ | 昨日の津保川 氾濫 »

懸垂下降中オートロック式カラビナのゲートが開く

この前南壁4ルートの1ピッチ目を懸垂下降中、安全環でオートロック式カラビナのゲートが大きく開いてびっくりした。

ハーネスのビレーループにつけたカラビナからマッシャーでバックアップを取り、下降器はエイト環をデージーチェーンで、ちょうどエイト環につけたオートロック式カラビナが顔のあたりで懸垂下降をしていた時、ハングを下降して空中懸垂になる手前で、岩にカラビナがつかえて横に体が少し 振られた時 大きくゲートが一瞬開いて閉じた。

テンションをかけているのでカラビナが移動して外れることはないが、オートロック式カラビナはこういったところでも簡単にゲイトが開いてしまうことがあると知った。(予想はしていたが・・・)
安全環カラビナのねじ締めタイプの閉め忘れのためにオートロックにしたのだが、閉め忘れしなければ安全性はねじ締めタイプのほうがはるかに良いと思いました。
オートロック式は半マストで下降してもザイルとこすれあって、ねじってゲートが開くこともある。下降中カラビナが万一外れたとしてもバックアップを取っていれば問題ないが、やはり懸垂下降でのバックアップは面倒でも何かあったときのためにしたほうがいいと思う。

|

« 南壁 4ルートの|ピッチ目 | トップページ | 昨日の津保川 氾濫 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懸垂下降中オートロック式カラビナのゲートが開く:

« 南壁 4ルートの|ピッチ目 | トップページ | 昨日の津保川 氾濫 »