« 2020年11月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

貝月山、山スキー

2021年1月30日(土曜日)

T氏のお誘いがあり、前回の山行では効きの悪かったシールだったので新しく購入したシールを購入した。

Dsc_0545

登り始め 8:25 避難小屋 9:15 休憩 9:20 標高998m 11:16 下山開始 - 12:00 避難小屋 12:35 滑走 ー 車 14:00 

Photo_20210131151301

雪質がいいのか?新しいシールがいいのか?判らないが前回の斜面の登行と比べると滑らなくなって、体力の消耗は若干防げる。

Dscf0957

昨日の新雪でよく潜ります。ワカンは部分的に大変なところもあるようだ。

Dscf0959

尾根筋に入るとスキーは操作性が悪く、ワカンやスノーシューに劣る。

標高998m付近で3時間かかっている。山頂は無理と判断し下山する。

尾根筋で滑走開始です。ところがT氏の奥様が30mほど前で転倒したので右によけて滑ろうとして雪庇に気づかず。乗ったとたん崩れて2~3m程落ちた。急な谷筋でなくて木が生えていたので良かったが、登るのが大変でした。気をつけなきゃ。シールを付けたまま避難小屋まで滑って休憩後シールを外して滑走です。雪質はいいのだが、昔のようにうまく滑れない。やはり圧接したゲレンデばかり滑っていては滑れないはずだ。

Dscf0958

下まで滑ったら家族連れでソリ遊びをしてる風景がなんとも・・・

Dscf0961

いい運動になりました。

T氏から山スキー板をいただきましたがビンディングが僕の靴に合わず残念ながら使えない。

Dscf0962

ビンディングの靴の位置を一番下げたけど嵌らない。

Dscf0963

僕の板のビンディングはこれだけ余裕があるけど、古い機種は靴サイズの合わせ幅が狭いんだね?もう少し足の小さい人ならOK見たい。

ダイナスターの板を履いて滑ってみたかった、残念。

Dscf0965

| | コメント (0)

ショートルートの終了点、スリングの交換

2021年1月27日

今日はスキーに行く予定だったんだけど、K氏が歯医者の予約があるから天気が良くなりそうなら変更してスキーに行くから、2日前くらいに連絡してほしいと言っていたので、週間天気予報を見ると100%の降水確率だったので中止にした。ところが朝から良い天気になった。ちょっと岩場まで運動に・・・

冬場はほとんどクライミングはいつも冬眠状態であまりしないが、一年のうち一番寒い時期に春のような温かさに誘われて1時間程運動をしてきました。

夕べけっこうな雨が降ったので、川は茶色く濁流となっている。当然岩もべたべたに濡れていて登れない。

裏側に回って懸垂下降で降りてスリングの交換をしよう。

Dscf0949

昔はここはフリーソロで登っていたのだけど今は怖いので垂らしてあるロープを頼りに裏側に回って上部に行く。

Dscf0948

このスリングの交換です。1年半くらい日光と雨ざらしで変色していますがまだ使えそうです。

Dscf0950

8ミリロープのようです。今回は10.5㎜のロープを付けます。

Dscf0951

上からもう一本安全のためにバックアップがとってあります。

支点のカラビナを固定するためのテープを持ってくるのを忘れたので、いったん下まで降ります。

Dscf0953

登るにも岩がべたべたに濡れているので登れません。シャントを忘れたのでクレムハイストで登り返しです。

Dscf0952

やはり道具があるのとないのとでは登るスピードが違います。

Dscf0954

支点まで登って3本でバックアップを取り、作業開始です。

Dscf0955

カラビナのゲートが開かないようにテープで止めます。

Dscf0956

これで2年ほどもってくれればいいかな?

作業を終えて車のところに来たら消防署に努めてるN氏が初心者を連れて来ていた。

雨でフリーのルートは登れないよと言ったら、登れそうなところでやると言って岩場に向かって行った。

| | コメント (0)

10年以上前に登ったルート

2021年1月24日

冬場はほとんどクライミングは冬眠状態だけど、運動を兼ねて10年以上前に登ったルートを見てきた。

Dsc_0515

岩には草が張りめぐっています。

登っていないと自然に帰るんだね。

ぼちぼち掃除をするかな。

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年2月 »